投稿

京都へ〜縁〜

イメージ
朝一で先ず、いつもの久米寺の大日如来の御前で抜筋骨、立禅をし、今日1日をスタートしました。誰かが供えてくださった蝋燭の炎が集中力を誘います。



自宅に帰り、少し楊式刀の套路確認。しかしまだまだ全然力みがあり、さらに怪しい部分もいくつかありました。

電車に乗るため畝傍御陵前駅駅で電車待ち中ホームの端っこで更に楊式刀の套路確認。
さて、京都行き急行に乗り込み、久々の京都へ。
私は太極拳を始めて1番変わったのは、今の自分がどんな状況でどんな状態か、今いてる場所をしっかり見れる様になった事です。例えば、今どんな姿勢してるなぁとか、誰とどんな話をして、相手はどう感じてるんだろうなぁとか、そう言った事です。
それまで、私は自分の感覚でしか動かずに自分でいったい何をやってるか分からず、周りを無視し話を全く聞かなかった。いわゆる自己中。それが太極拳と気功を始めて自分自身を見れる様になった、すると周りも少しずつ見える様になってきました。

そんな事を考えていたら、京都に到着。
バス乗り場は長蛇の列。横にいた人生の先輩に 「すごい人ですね」と話しかけたのがきっかけで、少しお話をしながらバスに揺られ平安神宮まで。 京都に来た目的の一つはここで太極拳をする事だったので広場で楊式の全套路と平安神宮の参道横で双辺14勢を練りました。






いい天気で、いろんな観光客がいたので良い気が満ちてました。
その後、従兄弟の京大の先生に教えてもらった和食屋さんに行くため、のんびり岡崎から哲学の道に向かっている時、バス停でバスを待っている帽子を来た人。
四年ほどまえ縁遠くなった仲の良かった友達によく似てるなぁと思い近づいたら正にその人! 実は京都に来たのはその人とよく遊んでた時以来で、来る前に少し思い出してたんです。
軽く近況をはなし、名刺をもらい、その人は仕事に向かいました。



哲学の道の木漏れ日の中を歩きながら、出会いや縁ってこうやって繰り返されてるんやろなぁと改めて、縁の軌跡に目頭が熱くなりました。
銀閣寺のそばにあるサンエイド エイスケさんで昼ごはん。おばんざいのランチをよばれました。




その後、腹ごなしに出町柳までの約3キロをのんびりと歩き、帰路に着きました。
いつも色んなご縁が重なると、何かに導かれてる様にしか思えません。そう思うと更に力みが取れ人生を自然に委ねれるようになります。それを改めて実感した1日…

さらに双辺太極拳

今夜は、双辺太極拳クラスに滑り込み間に合いました。気功が終わった頃には外は夕日と濃紺の空が重なって紫の空が窓から見えました。師匠も綺麗だなぁと写真を撮られてました。
そんな中、双辺太極拳の全套路を練りました。普段前に立ってる師匠は前列に入り一緒に練ってくれました。

まだしっかりしてない部分は見て後は沈む事を念頭にいれて行いました。

散手ではハッカクリョウシからのロウシツヨウホ。見本で私は綺麗に技がかかり吹っ飛んでしまいました。おかげで、いろいろ分かりました。
推手では、相手を受け入れることの大事さを学びました。しかーし、受け入れたら崩されるがな!う〜ん、また考え始めたので、考えない事にしました(^^)俺はアホや、俺はアホやと何回か声に出して見ました(^^)

そんなこんなで本日の双辺太極拳クラスは大変充実した時間を過ごしました!

さぁ明日からまた修行です(^^)頑張りますm(__)m

粉河寺

イメージ
今日は、和歌山の方に家族を乗せて日帰りでドライブに行きました。行く道中、紀ノ川にある粉河寺という天台宗系のお寺に寄りました。

わりと参拝に来られてましたが、本堂の中を拝観するには有料であった為か、誰もいず私だけが本堂の中にいました。

本堂の中央の護摩壇の前で少し座禅を組み、そのあと立禅気功をして見ました。

平安時代からの仏様達に見守られながらの立禅はかなり緊張感がありましたが、すぐに落ち着き、半眼で梵字を見ながら立禅をしているといつもよりずっしりとした気が身体に覆いかぶさるのが分かりました。

外に出て本堂の裏で、雲手などで気を練っていると粘っこい気が絡む感じがよく分かりました。

古いお寺での気功はすごく気持ちが落ち着き背筋に良い気が走るようです。


双辺太極拳

イメージ
99式太極拳、正宗太極拳、など呼ばれています。いろんな太極拳を統合したものですが、師匠からは水の太極拳と教わり楊式太極拳に比べ、沈む感があります。

今朝は大雨でガレージで雨音を聞きながら立禅気功、双辺太極拳を練りました。
畑に植わってる野菜をぼーっと見ながら気功してると、いつもより身体から水分が流れるのを感じやすかったです。
足裏全部に体重がかかり地面にへばりつきそうなぐらい引っ張られるのが分かります。
重力を感じるたびに地球に生きてんねんなぁと思うわけです。

そんな訳で雨の日の、立禅気功と双辺太極拳は好きなんですよね^_^


春日伝統太極拳

まこのブログ 中国武術と美容の日々



太極拳の技

イメージ
野馬分鬃という技、要するに脚で踏み込むか引っ掛けて体幹で相手を吹っ飛ばす技です。これが私はすごく苦手で、何度も定式で止まりタントウコウをしました。 今でも得意ではないですが、好きな技になりました。特に双辺太極拳の野馬分鬃 が好きです。眼法が独特です。でも見えない相手をしっかり見る感じが、野球で言うボールを取るまでしっかり見るという感じに似ていて、メンタルで言うところの現実から目を背けないという感じですかねぇ。
師匠は、太極拳の技の一つ一つを丁寧に用途も踏まえて教えてくれます。なので、本当に中国武術をやりたい方には最高に良い環境だと思います。
しかも会員さんが楽しいので、続けやすいと思います。
いやぁ、師匠の太極拳はカッコいいですよぉ!
見たい方は是非体験に来て下さい(^^)
春日伝統太極拳
師姉のブログです まこのブログ 中国武術と美容の日々


青空太極拳

イメージ
今回は奈良県広陵町にある馬見丘陵公園で青空太極拳をしました。
今回facebookを見てたら参加が8人ぐらいだったので、少ないのかなぁと思いきや、更に倍ほどの方が来られ賑やかな日となりました。
いつも思う事ですが、春日伝統太極拳の会員さんはみな、朗らかで温かい方ばかりです。
もちろん師匠がそういう雰囲気づくりをされてからもあるのですが、それにしても柔らかい方ばかりです。やはり、伝統楊式太極拳をすると柔らかくなるのでしょうか。
以前師匠に言われました。心が緩めば自然と身体も緩む、その逆で身体を緩めれば心も緩む、と。
だから、春日の会員さんは柔らかいんでしょうね。最初から柔らかい訳ではなく太極拳を通して更に柔らかくなったということかもしれません。

そんな雰囲気の中、初夏の風が吹き、練り上げる伝統楊式太極拳は違う世界に行きそうなでも生きてることに感謝できる、グッとくるもんがあるんですよねぇ。

うぅ〜ん、やめられまへん\(^o^)/

春日伝統太極拳

師姉のブログです
まこのブログ 中国武術と美容の日々

気功

イメージ
朝、仕事前に最近寄り道しています。この大日如来像の御前での立禅は普段やる立禅よりも深く沈む感じになります。また、太極気功では普段より重たい気が集まります。練っているとはるかに重たい空気です。何故こんなに違いが出るのか私自身は説明出来ません。 私は無宗教で家は普通の仏教で、特に信仰心がある訳ではありませんが(敬虔な信仰心を持たれてる方申し訳ありませんm(__)m)それに気が関係してるかもしれません。 大日如来は密教や仏教では宇宙の中心に存在し、蓮の花の上に座しておられます。 はるか昔、インドからシルクロードにのり中国そして日本に伝わってきたのは、それぞれの民族が共有できる概念や観念があるというのが理由だと思います。それは命の尊厳性なのかもしれません。気のあり方も同じような気がします。気の状態や操りかたをきちんと学べる環境、春日伝統太極拳は素晴らしいと思います。 中国の陰陽五行思想を体現した太極拳はやはり基本が大事と常々、師匠に言われてます。
今日も素晴らしい一日でした。