太極拳〜自主練〜

朝練を石舞台にある風舞台でしました。
今週の土日、飛鳥光の回廊なるイベントがありその設営のようで、芝を刈ったりされてるのが秋らしくよかったです。


太成気功をたっぷりしそのまま、楊式太極拳全套路、続いてイベント用に楊式28勢、双辺14勢、二、三回やってから、双辺全套路と楊式刀を休憩なしでいきました。
太極拳がすごいのは、2時間続けてやってても全く疲れない、それどころか脱力し、身体がすごく自然な状態になる所です。

昨日、姉弟子の散手稽古台になりカチカチになったので逆に筋肉痛になりました。
やはり緊張した体を意識的に作っただけでも体には負担になると言うことがわかり、現代でスマホやパソコン、もろもろの職業で緊張した体で従事されてる方達は是非、太極拳をして欲しいと思います。

肩こり、腰痛は必ず楽になるはずですね^_^
さらに心も緩まるので、周りの自然や状況を受け入れやすくなり、かなり楽にもなる。

中国の昔の人はなんという便利なものを作ったんやろと感心してしまいます。だからキチンと伝えていかなければならない為、その段階に応じた奥義があるんでしょうね。

なんて考えながら、咲きはじめの秋の彼岸花が風に揺れてるのを見てました。


このブログの人気の投稿

雪中練習

太極拳〜年末年始に向けて〜

太極拳〜公民館フェスタ〜